50代サラリーマンの迷走投資日記

お金のこと、投資のことなどについてつづりたいと思います。

CFD(くりっく株365)でサヤ取りに挑戦 ~小さな利益で大金持ちを目指しましょう~

 




目 次

 

 

 

くりっく株365でサヤ取りに挑戦

 

 

株価指数CFDを使った「サヤ取り」を紹介します。

サヤ取りは、世界3大利殖の一つとも言われるほど有名な利殖方法です。

 

つまり、このサヤ取りで大金持ちになった人たちもいるということです。

 

サヤ取りとは、価格に相関性のある異なる銘柄をペアにして、一方の銘柄は買いポジション、もう一方は売りポジションと、両建てすることで利益を狙うものです。

 

二つの銘柄の価格には相関性があるので、同じように上下しますが、その価格差が狭くなったり広くなったりする状態(サヤ)を利益に代えていくのがサヤ取りです。

 

相関性のある銘柄は、サヤが一時的に大きく(小さく)なっても、元に戻る可能性が高いので、そこを狙って両建てを仕掛けるのです。

私は、このサヤ取りを株価指数CFD「くりっく株365」で行っています。

 

株価指数CFDは東京金融取引所に上場されており「くりっく株365」と呼ばれています。

 

これはドルや円を取引するFXの株式版で、レバレッジをかけて売買することができます。

 

レバレッジをかけることで、少ない資金(証拠金)でリターンを得ることができます。

 

 

 

くりっく株365の銘柄は4種類

  

日経225

◆ NYダウ

◆DAX®(ドイツ主要銘柄30)

◆FTSE100(イギリス主要銘柄100)

 

私は、このうち日経225NYダウの2銘柄でサヤ取りを行っています。

 

くりっく株365はレバレッジを利かせられるので、少ない証拠金で取引ができるので便利です。ただし、買いの場合は金利相当額の負担があることに注意が必要です。

 

ちなみに日経225NYダウの証拠金は次のとおりです。

 

日経225 1枚当たり47,630円

NYダウ  1枚当たり46,340円

 

ただし、実際の取引では、ロスカットにならないよう、ある程度の証拠金が必要になります。

 

私は今のところ、レバレッジを4~5倍程度になるよう証拠金をコントロールしています。

 

日経225NYダウには相関性があり、似た動きをするので、この価格差(サヤ)の開閉を利益に代えています。

 

サヤの拡大、縮小は場帳を毎日付けて確認します。

私の場合は、NYダウ日経225終値を毎日、場帳に記入しています。

 

今は、この2銘柄のサヤが5,000円前後で推移しています。

大きな流れはサヤの拡大期でも縮小期でもないように見えており、仕掛けはしづらい状況です。もう少し明確な動きが出てきたら仕掛けますが、今はしばらく様子見です。

 

f:id:ptsuyo:20190729203748j:plain

 

サヤ拡大期の狙い

 

 

サヤ拡大期に入ったと思ったら、NYダウ買い、日経225売りを仕掛けます。

売買のイメージは次の通りです。

 f:id:ptsuyo:20190707185614j:plain

NYダウは価格が下がっているので損失が出ますが、日経225は売りで利益が出ています。

 

結果的に、NYダウ日経225に価格差が生じたことで利益が得られることになります。

 

はじめは、売り買いそれぞれ2~3枚程度で仕掛けてみてください。うまくいけば1回で1~2万円程の利益を出すことも可能です。

 

 

サヤ縮小期の狙い

 

 

 サヤ縮小期には、拡大期の逆で、日経225買い、NYダウ売りを仕掛けます。

 

 

サヤ取りのメリット

  

 買いと売りの両建てをしており、ローリスクであること

 上昇相場、下落相場でも利益を上げられること

  

サヤ取りのデメリット

  

 1回あたりの利益が少ないこと

 売買コストがかかること

 

まとめ

 

サヤ取りは1回あたりの利益が少ない反面、両建てをしていることからローリスクです。

 

サヤが思い描いていた方向とは真逆になった場合は、早いうちに損切りすることも考えなくてはなりません。

 

最初のうちは少ない枚数から取引を始めて、徐々に枚数を増やしながら慣れていくことが大事だと思います。

 

私はそれぞれ1枚ずつの売り買いで、1回数千円の利益を得るようにしていますが、時々、2~3枚の取引をすることもあります。

 

しかし、少額の利益だと、手数料分が本当にもったいなく感じます。

SBI証券のくりっく株365だと、1枚当たり153円の手数料がかかります。往復だと306円。あぁ…もったいない………。

 

 

www.ptsuyo.work